療養病床

療養病床

医療法において、病院は一般病床・療養病床など5分類に整備されています。
急性期の患者さんが入院される一般病床に対し、急性期から回復した後の慢性期の患者さんが主に入院される病床を療養病床と呼びます。
当院では慢性期の患者さんに対し、ひとり一人の症状・状況に合わせた医療・看護・介護ケアを提供しています。

<療養病床のご利用対象となる方>

要介護認定「要支援1」「要支援2」「要介護1〜5」
認定された方が対象となります。

入院案内

入院案内

入院の手続き

介護療養型病床に入院が決まりましたら、下記のものを1階の受付にご提出ください。必要書類には所定のことがらを記入し入院者及び、連帯保証人が署名・捺印して提出ください。
※保証人は独立の生計を営み、入院料その他の支払い能力のある成人者とします。
1)介護保険証
※保険証のコピーをとらせていただく場合があります。ご了承くださいませ。
※入院中に保険の種類や記号等に変更があった方はお申出ください。
2)健康保険証
入院中、病態の急変などにより治療を要する事態が生じた場合、ご家族に連絡後、他の医療機関を受診していただく場合がございます。その時に備えて入院時、健康保険証の提示をお願いしております。
老人医療受給者証・公費受給者証・その他、所持されている受給者証・証書がありましたらご持参ください。
※保険証のコピーをとらせていただく場合があります。ご了承くださいませ。
※入院中に保険の種類や記号等に変更があった方はお申出ください。
3)入院誓約書
4)介護療養型医療施設サービス利用契約書 2部(正・副)
5)診療情報提供書(紹介状)
(前施設、または病院よりの紹介状がある方はお持ちください)

費用のご案内

毎月のサービス利用料のご請求書は、代行会社(NICOS)より翌月10日以降に随時ご送付いたします。引き落とし日は毎月27日(土日祝日の場合にはその翌日)となります。
基本的に支払いは代行会社(NICOS)を通じて行いますが現金払い、ないしは銀行振り込みをご希望の方は、入院時に事務までお申し出ください。

入院に必要なもの

1)入院生活には以下の物が必要です。
・大型手提げ袋(紙でないもの)3袋
・バスタオル9枚程度
・タオル(手ぬぐいサイズのもの)10枚
・下着3組(前開きのもの)
・上履き(シューズ:歩行可能な方)
・歯ブラシ、コップ、ティッシュペーパー
・ビニール袋(スーパーの袋など)3~4枚
・義歯の方は入れる容器と歯ブラシ
・髭剃り(必要な方:充電式のもの)
※使用している補助具(リハビリ食器・補助スプーンなど)、その他手持ちの食器を持参されるご希望がありましたらご一報ください。
※使用している介護用品(ラバーシーツ・体交枕 など)ありましたら、お持ちください。
※私物管理のため必ず持ち物にはお名前をご記入ください。
2)印鑑
3)服用されているお薬がある方は必ずお持ちください。薬剤管理手帳・かかりつけ医の薬剤情報提供などの資料がある方は、合わせてお持ちください。

寝具・病衣

1)寝具は病院でご用意いたします。
2)病衣は貸し出しの場合、有料(1日73円/税込価格)となります。
3)病衣が汚れた場合、同じ料金で何枚でもお取替えいたします。
4)病衣は週2回、定期的にお取替えいたします。
5)シーツは週に1回、毎週月曜日に交換いたします。それ以外で汚れた時は、適宜交換いたしますのでお申し出ください。

ご家族の付き添いについて

1)ご家族の付き添いは基本的には必要ありません。ご家族が希望される場合は主治医の判断により許可する場合もあります。(付添許可申請書が必要です)
2)ご家族が付き添いで泊まられる場合には、寝具のクリーニング代 525円(税込)/回をいただきますので、ご了承ください。

面会

1)病棟の面会時間は午前8時から午後9時までです。
2)感染症の危険がある場合や、その他病状によっては面会をお断りする場合があります。
3)病室内での飲食の接待は固くお断りいたします。

食事

1)入院中のお食事は病院でご用意いたします。症状により適切な治療食(管理栄養士により管理されたお食事)を、適時適温で提供しております。治療の妨げになる場合もございますので、病院食以外の食事はなさらないでください。
2)お食事の時間
・朝食:午前8時00分 ・昼食:正午12時00分
・夕食:午後5時30分
※食事は2階から3階の食堂、あるいは病室にご用意いたします。

入浴

医師の許可を得て看護職員・介護職員が週2回以上の入浴のお手伝いをいたします。また入浴が不可能な方は体を清拭させていただきます。

外出・外泊

外出・外泊は主治医の許可が必要です。外出・外泊の必要が生じた場合には、所定の用紙に必要事項をご記入のうえ、手続きを行ってください。帰院時も必ずご連絡ください。

洗濯

1)お洗濯は、ご家族の方におこなっていただきます。
2)身寄りがないご家族が、遠方などの理由でご家族がお洗濯を行えない場合には他の業者に依頼して実費で洗濯いたします。ただしお受けするのは、タオル・寝巻き・下着など入院に必要な限られた物とさせていただきます。セーター類・大物・色落ちする物などはお受けできませんのでご了承ください。
(業者に依頼する場合の価格:5,500円/月額)
※目安としては上記料金1回の内容としては「バスタオル2枚・フェイスタオル2枚・寝巻き1枚・下着1枚・くつ下1足」程度となります。量の多い場合には追加料金をいただく場合もございますのでご了承くださいませ。

お部屋・施設について

1)枕元にインターフォンがございます。必要な時には遠慮なくボタンを押してご用をお申しつけください。
2)介護度・症状、または当施設の都合により、お部屋を変更していただく場合がございます。ご了承ください。
3)お部屋には常に整理・整頓を保ち、必要以外のものは持ち込まないでください。
4)施設の備品は大切に扱ってください。もし破損された場合には、実費請求する場合もございます。
5)電気製品の持込は基本的にはご遠慮ください。必要でやむを得ず持ち込まれる場合には一報ください。ご相談させていただきます。
6)当院では、食堂以外の場所でのテレビ視聴はできません。ベッドサイドで個別のテレビ視聴をご希望の場合には、テレビ受信機(モニター)をご自宅よりご持参いただきます。
7)入所に必要のない貴重品や現金はお持ちにならないようにお願いいたします。必要な貴重品、身の回り品については、充分ご注意いただき、施設内での盗難・紛失等の場合にも当施設では責任を負いかねますので、ご了承ください。

施設内設備

施設内には以下の設備がございます。
1)自動販売機:1階ロビーフロア
2)公衆電話はありませんので緊急で外線使用したい方は申し出てください。
3)ハガキ・切手は1階受付にて販売しております。

その他、注意事項

1)入院中、退院時のお志しは固くご辞退申し上げます。
2)消灯時間は午後9時です。消灯後は他の入所ご利用者様のご迷惑になる場合もありますので、静かにお過ごしください。
3)みだりに他室・診察室・ナースステーション等に出入りすることはご遠慮ください。
4)施設内での飲酒・喫煙は固く禁止といたします。
5)火災予防には充分にご注意ください。避難路、非常口を常にご確認いただき、非常の場合には、すみやかに施設職員の指示に従ってください。また、避難する事態が生じた際の身の回り品は、最小限にとどめてください。
6)入院中の自家用車の長期駐車はご遠慮ください。
※入院中に、入院患者様ご本人ならびにご家族、関係者の皆様におかれましては、これらの注意事項を守っていただけない場合、医師・看護師等の職員の指示に従っていただけない場合、他のご利用者さまのご迷惑となる場合、療養の妨げとなるような事態が生じた場合には「退院」または「サービス利用契約の解除」をお願いする場合もございます。ご注意くださいませ。

退院時のお手続き

1)主治医の指示に基づいて退院が許可されます。必要な手続き終了後、入院中の料金の支払いを全て済ませてからの退所となります。
2)休診日(日曜・祝祭日など)に退院される方は、前日に諸手続き、及び会計をお済ませください。
3)必要な書類がある場合には退院前に余裕をもってお渡しください。早急に必要な場合にはご相談ください。

ショートステイ

普段お世話をしているご家族の方が、ご病気やご出張・冠婚葬祭など介護が不可能なときや
介護負担の一時的な軽減・休養が必要となった場合、介護が必要な高齢者の方が短期入所していただけるサービスです。
自宅で介護を無理なく行うためにも、時々ショートステイをご利用いただきリフレッシュしてください。

お申し込み方法

ご契約している介護支援事業所のケアマネジャーを通してお申し込みください。
初めてのご利用の場合、ご利用者様との面談、ご利用時の説明、契約のために事前にご説明をさせていただきます。

施設紹介

  • 受付イメージ
    受付
  • 待合室イメージ
    待合室
  • 手術室イメージ
    手術室
  • ナースステーションイメージ
    ナースステーション
  • リハビリ室イメージ
    リハビリ室
  • 病室イメージ
    病室
Page Top